過去実績

奈良阪の家

設計:山下 喜明ycf/山下喜明建築設計事務所

データ

奈良県奈良市/夫婦/地階:鉄骨造, 1・2階:鉄筋コンクリート造

139.45 m² / 161.10 m² [延床面積 / 敷地面積]

眺望を最大限いかすという要望に、LDKを最上階に設け、眺望を妨げないよう眺望側の構造を細くする事で答えた。環境への配慮は以下3点。
・地下の湿気対策として設けたドライエリアは夏場ヒンヤリとした冷気を発生させる。その冷気をファンで2階へ送り屋根直下の暑さを緩和させる。
・安息角によって地下の床の一部を地盤より下げた。その為ピット層が必要となるがピットに砕石を敷き詰め深夜電力で温める蓄熱床暖房を採用した。蓄熱床暖房からの放射熱により1階への暖房効果も期待している。
・雨水をピットに貯め家庭菜園に利用する。

建築家・作家からのメッセージ

家づくりには当然いろんな夢を盛り込みたいものですが、一方で限られた予算・敷地条件などの厳しい現実もあります。建築家といろんな夢の優先順位を見極めることで、「いたれりつくせり」ではないかもしれないけれど、思いもよらなかった素敵な住まいが実現するかもしれません。