建築家インタビュー Vol.03 広渡 孝一郎・広渡 早苗(広渡建築設計事務所)

「家づくりフォーラム」に参加している建築家たちを、京都造形芸術大学の学生たちが訪問しインタヴューを行ないます。
建築家の生き生きとした言葉で彼らの思いや活動を語っていただいています。

インタヴュアー/北村依里香、竹内綾子、中井芙美、横山カレン(京都造形芸術大学環境デザイン学科3回生)

─学生:住宅を作る際にコンセプトはどうやって決めていますか?

広渡孝:例ひとつの屋根の下に住むんだから、僕は基本的に個室はあまり作りたくないと思ってます。緩やかにどこかがつながっている、だからお互いの気配がわかるような空間、ということは基本に考えていますね。素材に関しては出来るだけ新建材は使いたくないということは常に思ってます。家族も色々あるので、個室が欲しいと言われると拒否はしませんが、一枚のドアにしても少し透けるようなものにしたりしています。お子さんには「そんなドア嫌」とか言われることもあるんですが…(笑)。家族がどっかでつながるような空間づくりが基本にあるような気がしますね。
我が家は3層なんですが、扉はないので3層のワンルームみたいな感じですね。だから、うちの子も非常に住み辛かったとは思います(笑)。なかなか親の思い通りにはならず、想定外のことがいっぱい起きますが、それを乗り越えていくとまた新しいつながりみたいなものが出来ていくので、基本的に閉じこもるというのはよくないと思います。

広渡早:はじめに、住宅調書っていうカルテみたいなのを書いてもらうんです。

広渡孝:今住んでる家の良いところや悪いところ、新しい家に対する思い、それから、今持ってる家具をどうされるかとか、家族の好きな食べ物とか血液型だとか、書ける範囲で色々書いてもらうんです。というのも、プランを考えていると自分の世界に入ってしまう時があるから、そうするとこういうこと実際言ってたのかなってもう一度思い出すのにお施主さんが書いてくれた住宅調書があると助かるんです。

─学生:ハウスメーカーと建築設計事務所はどちらも住宅を設計されますが、どう違うのでしょうか?

広渡早:一言で違いを言い表すのは難しいけれど、ハウスメーカーの場合、お施主さんとのやりとりは営業マンがするんですよ。だから設計者とお施主さんは会わない所もある。営業マンがお施主さんと話して設計者に要望を伝えるんです。

─学生:色々とお話しいただきありがとうございます。では最後に家づくりフォーラム通信を見てくれている方にメッセージをお願いします。

広渡孝:フォーラムを立ち上げた武市さんから「お施主さんに建築家を紹介するプロデュース会社がいっぱい出来ているが、(それらは利益の上で成り立っているのに)それでいいと思うのか」と言われてたんだけど、その時僕はプロデュース会社にも入ってて、こっちも偉そうな事は言えないから「確かに武市さんの言う通りですけど、僕らに営業はできないから何も力もない。プロデュース会社も次につなげるキッカケを作ってくれる場所なので100%ダメとも言えないのではないか」という話はしていました。

広渡早:家づくりフォーラムとは別に「建築家住宅の会」というのに参加してるんですけど、それは「家」というのはもっとちゃんと考えて作るものであり、そういった住宅を「建築家住宅」と呼ぶとして、それがハウスメーカーに押されて廃れていくべきじゃないよね、という考えに賛同してくれる人が集まってるものなんです。家づくりフォーラムもそういう風に考えて出来た住宅を見てもらって、また、そういうやり方にも賛同してもらって…というのが良いと思います。今一軒、去年の秋のフォーラムでたまたま通りかかった方の家を丁度設計しているんですが、そういう出会いの面白いタイミングとか、縁のようなものもあると思うんです。だから良い設計者に出会って良い家が出来てというのは、お施主さんにとっても得な事だと思うので、もっともっといっぱい家づくりフォーラムに来てください(笑)。

(2011年6月3日 広渡建築設計事務所にて収録)

PDF版はこちら

広渡 孝一郎・広渡 早苗(ひろわたり こういちろう・ひろわたり さなえ)

□プロフィール
広渡 孝一郎:1949年、京都府出身。
 大阪工業大学高等学校建築科卒。
 フジタ大阪、設計事務所勤務を経て、1979年にK・ART工房を設立。
 1983年に広渡建築 設計事務所に改称。
 大阪市立大学生活科学部、大阪樟蔭女子大学学芸部非常勤講師。
 JIA(日本建築家協会)住宅部会 所属。
 趣味はオーディオ・スキー。
 
広渡 早苗:1957年、大阪府出身。
 大阪工業技術専門学校建築学科卒。
 KAYA建築計画研究所を経て、
 1983年に広渡建築設計事務所を共宰。
 建築士、インテリアプランナー。
 女性建築技術者の会・大阪所属。
 趣味は読書・犬と遊ぶ。
□おもな受賞
 かんでん住まいのコンテスト優秀賞(2009年)
 第24回住まいのリフォームコンクール 特別賞
 第5回OM地域建築賞住宅部門優秀賞。

連絡先

広渡建築設計事務所
〒561-0829
大阪府豊中市千成町2丁目4-29-201
Tel:06-6333-5948 
Fax:06-6333-5978
E-mail : hirowatari-ao@nifty.com
HP:
http://homepage3.nifty.com/hirowatarihome/