建築家インタビュー Vol.01 阿久津 友嗣(阿久津友嗣事務所)

「家づくりフォーラム」に参加している建築家たちを、京都造形芸術大学の学生たちが訪問しインタヴューを行ないます。
建築家の生き生きとした言葉で彼らの思いや活動を語っていただいています。

インタヴュアー/市原あゆみ、海谷香里、神園貴史、横山カレン(京都造形芸術大学環境デザイン学科2回生)

─横山:生活をとりこみながら建築としての理屈をつくっていくということですよね?

阿久津:例えば僕が駐輪スペースとして用途を限定してつくっても、お施主さんの生活は色々で、なかなか意図した通り使わなかったりする。逆に自由に使うことのできるルーズな空間を提供すると、実際に自由にその空間に置いてくれるんですよ。こういうのがすごくいいと思う(笑)。だから、生活を取り込みながら、建築としてはちゃんと理屈をつくっていくっていうことを心がけています。僕の作り方の一つとして、骨組みのところでルールを決めたら、中はある程度お施主さんが使いやすいように好きにつくってもいいと思っています。最初にルールを見つけるまではああだこうだやるけれど、ある程度の方向性が決まったら棚とかはお施主さんの要望通りにつくるようにしています。

─海谷:建築家の人って敷居が高いイメージがあるんですけど、どんな時に建築家のところへ行けばいいんですか?家を建てたいときに建築家さん以外にも選択肢がありますよね?

阿久津:いろんな人がいるから、全員が建築家のところに頼みにいけばいいと僕は思ってない。家をつくるには大体3つやり方があって、今一番多いのは大手ハウスメーカーさんに行って建てるやり方と、以前だったら近所にある大工さんや工務店さんで建ててもらうのが大半だった。あとは僕らの様な建築家と建てるやり方。タイプは様々だけど、僕らは設計料を貰ってるから、その対価にふさわしいものだったと思われないとダメだと思う。だから僕らの提案にのってくれる人が向いてるかな。お施主さんが「自分はこれじゃないとダメだ。」と決めているのなら、工務店さんで好きにつくってもらう方が合っているよね。設計料って、アイディア出そうが出すまいが変わらないですから。アイディアを建築家にうまく出させる人がいいんじゃないかな。

─横山:建築家さんによって合う、合わないはありますか?

阿久津:それはやはりあると思う。本質的に建築家って自分の作りたいもの作らなきゃ嘘だと思うんです。普通の商行為みたいに自分の好き嫌い関係なしに相手が望む物を作ることとは違って、自分の作りたいもの作るからポテンシャルが上がるわけで。そういう意味においても、やっぱり建築家って「ものづくり」だと思う。「ものづくり」っていうのは自分の作りたいものがお施主さんにとっても良いものであることが一番重要で、お施主さんがこう言うから本当は作りたくないのに作るっていうのは「ものづくり」とは違うと思うんだよね。

─横山:最後に、家づくりフォーラム通信を見てくれる皆さんにメッセージをお願いします。

阿久津:家づくりフォーラムは25年前のヨーロッパ旅行中に出会った武市義雄さんが最初に立ち上げた。僕は家づくりフォーラムに最初から参加してるんですけど、もともとのきっかけは…プロデュース会社って知ってるかな?以前はお施主さんが直接建築家にアポイントしてたんですけど、最近は仲介してくれる人がいて、そこに連絡すると建築家を紹介してくれるんですよ。でも当然企業だから利益がなきゃいけない。設計料から払ったりとか、お金が発生してるわけ。でもそれって建築家の中立的立場っていうスタンスから言ったら、変なんじゃないかって感じ始めていた。そこで武市さんがプロデュース会社なしで建築家だけでやろうと、10人くらいの建築家に声をかけて始まったんです。誰の気を使わなくてもいいわけだから、一番純粋に建築家の本音が聞ける。これからはこちらからの一方通行じゃなくて、建て主さんからもどんどん入ってきてほしいですね。建築家は敷居が高いってこともないので、会ってみれば意外とフランクなんだって伝えたいですね。(笑)

(2010年12月1日 阿久津友嗣事務所にて収録)

PDF版はこちら

阿久津友嗣(あくつともつぐ)

□プロフィール
 1958年   栃木県生まれ
 1981年   法政大学工学部建築学科卒業
 1984〜85年 ヨーロッパ旅行
 1985〜87年 REA建築工房
 1987年   あくつ設計所設立
 1992年〜  阿久津友嗣事務所に改称
 2004年〜  大阪市立大学非常勤講師
□おもな受賞
 「北畠邸」で第15回住まいのリフォームコンクール部門優秀賞
 「赤穂の住宅」で第6回赤穂市都市景観賞
 「つなね2-01」で第49回大阪建築コンクール特別賞 
  2005年 つくば田園都市コンセプト住宅設計競技2等入賞
 「生駒の住宅」で第53回大阪建築コンクール大阪府知事賞

連絡先

阿久津友嗣事務所
一級建築士事務所
〒631-0806
奈良市朱雀2丁目10 2-01
Tel : 0742-70-5101 fax : 0742-70-5107
E-mail : aku@kcn.ne.jp
HP:http://www1.kcn.ne.jp/~aku/